ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所・保健センター情報(春)

春の保健所・保健センター情報



春は生活環境などが変わり、心や体のバランスが不安定になることもある時期。そんな私たちの健康を支えてくれるのが、地域保健法に基づき、都道府県や政令指定都市などに設置されている、保健所と保健センターです。保健所と保健センターの違いや、職員の職種などについてご紹介します。

保健所と保健センターの違い

保健所と保健センターの違い

住民の健康や衛生を支える公的機関である保健所と保健センター。この2つには、実は違いがあります。

保健所

保健所を設置できるのは、都道府県と東京都区部、保健所政令市。保健所は、地域の人口動態統計や栄養改善、医療監視、公共医療事業の向上と改善、精神保健、伝染病の予防などを行ない、また、原則として所長は医師であることと定められています。

保健センター

保健センターは、地域における母子保健と老人保健の拠点で、あくまでも市町村レベルでの健康づくりの場。対人サービスが基本であり、保健や医療、福祉にかかわる様々な施設が効果的に機能できるように、各施設と連携する拠点という役割が求められています。センター長が医師である必要はなく、活動の中心は保健師が担っています。

保健所職員の職種

保健所の活動としては、感染症等対策、エイズ・難病対策、精神保健対策、母子保健対策、食品衛生関係、生活衛生関係、医療監視等関係、企画調整などがあり、これらの活動を行なうため、医師、歯科医師、薬剤師、獣医師、保健師、助産師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、管理栄養士、栄養士、歯科衛生士、統計技術者などが保健所に勤務し活躍しています。

  • 医師
  • 歯科医師
  • 薬剤師
  • 獣医師
  • 保健師
    保健師は、専門教育を受け、疾病の予防や健康増進など公衆衛生活動を行なう地域看護の専門家です。
  • 助産師
  • 看護師
  • 診療放射線技師
    診療放射線技師は、病院や診療所といった医療機関で放射線を用いた検査と治療を行なう医療職で、国家資格のひとつです。
  • 衛生検査技師
    衛生検査技師は、医療機関などで様々な検査を行なう技術者のこと。臨床検査技師と重なる業務が多く、法改正により新規免許は2011年(平成23年)を持って交付できなくなりましたが、それまでに免許を受けた人は変わりなく業務を行なうことができます。
  • 臨床検査技師
    臨床検査技師は、医療機関で臨床検査を行なう、国家資格を有する技術者のことです。
  • 管理栄養士
    管理栄養士は、医療系の国家資格のひとつで、療養のために必要な栄養の指導や、高度の専門的知識と技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導、特別の配慮を必要とする給食管理と施設に対する栄養改善上の必要な指導などを行ないます。
  • 栄養士
    栄養士は、栄養の指導を行なえる国家資格のひとつ。栄養のスペシャリストとして、食事の管理や栄養指導をしています。
  • 歯科衛生士
    歯科衛生士は、歯科予防処置や保健指導、診療補助といった歯科医療業務を行ないます。
  • 統計技術者

悩んだときは保健所・保健センターに相談しよう

新生活が始まる春。慣れない場所や環境だと相談する相手がおらず、一旦悩み出すとどんどん不安が大きくなることがあります。そんなとき、頼りにしたいのが、保健所・保健センターです。電話、面接、訪問による相談の方法があり、人間関係や生活、仕事のことの他、心の健康、保健、医療、福祉に関する相談、未治療、医療中断の人の受診相談、思春期問題、ひきこもり相談、アルコール・薬物依存症の家族相談などについて、保健師、医師、精神保健福祉士などの専門職が幅広く対応してくれます。

ちなみに、保健師は地域を分担していて、ほとんどの場合、相談者の居住地の担当保健師が相談に対応するので、自分の担当地域の保健師と最初に会っておくと、その後の相談がスムーズにいきやすいです。

ロード中
ロード中
ロード中

地域に暮らす住民の健康や衛生を支える公的機関である「保健所・保健センター」。これらは「地域保健法」に基づき、都道府県や政令指定都市などに設置しています。最近では市町村保健センターや福祉事務所などが統合され、「保健福祉事務所」や「保健福祉センター」などと呼ばれることもあります。このような保健所・保健センターでは、地域住民だけでなく、狂犬病の予防接種なども春には実施されます。今回は私たちの健康的な暮らしを支える保健所について紹介します。

保健所からペットを迎える

保健所からペットを迎える

春先になると、よく最寄りの小学校などへ飼い犬を連れた人々が集まっているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。これは、保健所が毎年行なっている狂犬病の予防接種です。日本で飼われている犬は、アレルギーなどの特別な事情がある場合を除き、必ず年に一度この狂犬病予防接種を受けるよう義務付けられています。

保健所では、このような活動を行なっている他、保健所に併設されている「動物愛護センター」で、飼い主のいない犬や猫を収容し、希望する人があれば条件によってその動物達を提供しています。迷子になった愛犬を探しに訪れる人、里親を希望して訪れる人など、保健所に足を運ぶ人の理由は様々ですが、この春からペットを飼うことを考えているのであれば、ペットショップを訪れる前に、保健所で里親募集も視野に入れてみましょう。

ペットブームの昨今、残念ながら日本では、年間数十万頭もの犬と猫が殺処分されています。それらの動物たちは人間の勝手な理由で捨てられたケースが大半で、引き取り手がいなければ生きることができません。保健所ではそんな動物たちに再び生きる機会を与えるとともに、適正かつ終生飼養ができる新たな飼い主を募集しています。里親希望者は面談などを受けたあと、条件が満たされていれば希望した動物を譲渡されます。

各保健所では里親を募集している動物を写真付きで紹介するホームページを設けているので、興味があればぜひ検討してみましょう。

他にも保健所から殺処分される動物をレスキューして里親を捜している団体などもあるので、ペットの迎え入れを検討している場合は、これらの機関も利用してみましょう。

また、愛犬や愛猫が迷子になった場合は、最寄りの保健所や動物愛護センターに届け出をしましょう。その際はいなくなった日時、場所、ペットの特徴などを伝えます。保健所に該当する犬や猫が保護・収容されていない場合は、警察署の会計課にも確認と届け出を出します。最近ではSNSなどを使っての迷子犬・猫探しも一般的となっていましたが、ポスターを貼ったりビラを配るなどの方法もあります。

春に知っておこう、「保健所」の仕事

「保健所」が行なっている実際の仕事内容をご存知でしょうか。保健所は、都道府県や政令指定都市、中核都市など、法的に定められた場所にのみ設置することができ、保健所の所長は原則として医師であることが義務づけられています。医師や保健師の他に、獣医師や臨床検査技師、薬剤師や理学療法士など、多彩なジャンルの専門家が集まって、広範囲に及ぶ職務にあたります。動物の保護や狂犬病の予防接種などの他、母子相談や心の病気や悩み、性感染症の悩みに対する相談の受付、健康教室や栄養改善指導も行なっています。この他にも、病気の予防のために最新情報の提供や教育を行なったり、検査や予防、手続きや予防に関するアドバイス、さらに医療費の援助なども実施。また、害虫の相談や飲料水の水質検査、理美容院・クリーニング所・旅館・公共浴場・温泉などの営業許可や監視指導、及び献血の促進や食の安全に関する相談なども保健所が行ないます。このように、地域住民が健康で衛生的な暮らしをするために、保健所は欠かせない機関なのです。

春に知っておこう、「保健センター」の仕事

「保健所」と「保健センター」の違いはご存知でしょうか。 「保健所」が都道府県や政令指定都市、中核都市などに設置されているのに対し、「保健センター」は市区町村に設置された施設で、市町村レベルでの健康づくりを目指しています。「保健センター」は、「保健所」のように所長が医師である必要はなく、保健師が中心となって看護士や栄養士と共に活動しています。「保健所」と比べて担当する地域が狭まるため、地域住民へのきめ細やかなサービスが可能となり、より地域に根付いたサービスが中心になっています。


保健所は、その地域に住んでいる人の健康や衛生を守る役割を担っています。春は学校や企業で健康診断が行なわれる時期です。また、ペットとして犬を飼っている人にとっては、年に一度の狂犬病の予防接種の時期でもあります。

狂犬病予防接種

狂犬病予防接種

毎年4月になると、保健所による狂犬病予防接種が始まります。各地域を巡回して、公園などで予防注射を行ないます。生後91日以上の犬は、市区町村への登録と年1回の狂犬病予防注射を受けることが法律で義務づけられています。飼い主は、この巡回予防接種を利用するか、動物病院などで注射を受けなければなりません。また、新しく飼うことになった犬など未登録の場合は、この機会に登録をします。登録した犬は、翌年以降、保健所から狂犬病予防注射の案内通知が送られてきます。

現在、日本では狂犬病の発生はありませんが、日本周辺の国々をはじめ世界的に発生しており、国際交流が活発な現代では、日本に侵入する危険性があります。伝染性の病気なので、発生すると拡大する恐れもあります。一度狂犬病にかかって発症すると治療できません。予防接種を受けることで、感染は防げませんが、発症を予防することができます。

市町村の予防接種を受ける場合は、他の犬とのトラブルを起こさないよう、リードで繋いで暴れないようにします。中には、多くの犬を見て興奮する犬もいますので、小型犬なら、カゴに入れておくかリードをしたまま抱えておくようにしましょう。

狂犬病予防接種を受けると「注射済票」が交付されます。犬を登録したときの「鑑札」と注射済票は、予防接種を受けたことを証明するもので、犬に付けておかなければなりません。

健康診断

健康診断

新入生や新入社員が加わる新年度では、健康診断が春に行なわれます。会社などの事業所では、新しい従業員を雇用した際の健康診断と、労働者に年1回の健康診断を受診させることが、労働安全衛生法で義務づけられています。さらに、50人以上の社員がいる事業所では、定期健康診断の結果を所轄労働基準監督署に報告する必要があります。毎年実施する定期健康診断では、健診項目も決められています。検査項目としては、

  1. 既往歴及び業務歴の調査
  2. 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重、BMI、胸囲、視力・聴力の検査
  4. 胸部エックス線検査及び喀痰検査
  5. 血圧測定
  6. 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  7. 肝機能検査
  8. 血中脂質検査
  9. 糖代謝検査
  10. 尿検査
  11. 心電図検査

の11項目になります。

この健康診断の結果で異常が認められれば、再検査が必要になり、医療機関で専門的に診てもらうことになります。

健康診断は、保健センターから事業所に検診車が来て行なう場合と、指定医療機関で受診する場合があります。