ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

三重県にある保健所の特徴



三重県の保健所は、政令市の四日市の他、熊野尾鷲伊勢伊賀松坂鈴鹿桑名の全9ヵ所に設置されています。その中で、「桑名保健所」は2013年4月より「桑名保健福祉事務所」に変更されました。このようなケースは全国にも見られ、保健所のことを「保健福祉事務所」や「保健福祉センター」といった名称で呼んでいる町もあります。

三重県の保健所のトピックス

三重県の保健所のトピックス

ここでは、三重県の保健所に関する話題を取り上げます。

犬や猫などのペットの相談も保健所で

一世帯当たりの犬の飼育率が全国トップクラスの三重県。犬や猫などのペットが行方不明になることはよくありますが、そんなときには保健所に相談するよう、三重県の保健所では呼びかけています。各地の動物愛護センターとの連絡窓口になっていることが多く、犬が人を咬んだときにもすみやかに保健所に相談することで感染症のリスクなどを減らすことが可能です。また、ペットが死んだときの処分方法も保健所が窓口になって相談に乗ってくれます。

桑名保健所のトピックス

ペットの飼育率やペット飼育費用などが全国トップクラスの三重県。桑名保健所ではそんな県民性を鑑みて、三重県動物愛護管理センターのホームページの利用を呼びかけています。迷い犬の情報や保護されている犬の情報などをいつでも捜すことができます。

伊勢保健所のトピックス

伊勢保健所は、世界的な観光地である伊勢志摩地区を管轄する保健所です。伊勢神宮や真珠養殖、牡蠣の養殖などに関する保健事業など、地元ならではの取り組みに積極的な保健所と言えます。

三重県の牡蠣に関する予防情報の提供

三重県では、牡蠣によるノロウイルス中毒被害に関する予防情報を毎週ホームページで提供しています。牡蠣が食べ頃の季節になると、養殖海域の海の衛生情報やノロウイルスの発生情報を毎週木曜日に発表しており、食中毒の発生状況によっては、生食を避けるよう呼びかけるなどの対策が取れるようになっています。

マダニ感染症への注意勧告

野山に生息しているダニに「リケッチア」という病原菌を持っているチマダニという種があります。春から秋にかけて繁殖し、刺されると「日本紅斑熱」という特有の病気を発症する場合があります。「日本紅斑熱」の症状としては、潜伏期間が2~8日で、発熱や発疹などが現れます。三重県の保健所では、このようなマダニの感染症に関する注意喚起を行なっています。感染防止のため、野山に立ち入るときは長袖、長ズボンを着用し、むやみに野原に寝転んだりしないように気を付けることが大切です。野山に入ったあとは、必ず入浴してダニを落とすように心がけましょう。