ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

石川県にある保健所の特徴



石川県は、日本海の海の幸や豊かな山々の恵みなどにあふれ、観光名所が盛りだくさんの県です。南北に細長い地形のため、県北の能登地方と県南の加賀地方で全く違う景観を有しています。日本海側に突き出た能登半島と、加賀地方の白山エリアや金沢エリアなど、各々に違う観光名所の顔を見ることができます。そんな温泉や自然、食などの魅力あふれる観光都市・石川県の保健所について解説します。

温泉の利用を管理している保健所

温泉の利用を管理している保健所

石川県には、日本三名山のひとつである白山があります。富士山や立山と並び、雄大な自然を誇る白山山麓は、美肌の名湯がある場所としても有名です。石川県保健所(石川中央保健福祉センター)では、温泉を安全に利用し、温泉資源を有効に利用するために、温泉の利用を管理しています。様々な効能がある温泉ですが、利用方法を誤れば健康被害を起こしかねないものなので、資源を有効に、かつ健康増進につなげる湯として適切な利用を促しています。

食への注意

観光産業が盛んな石川県では、食中毒などが起こると、観光地としてのイメージ低下にもつながることがあります。保健所のホームページでは、食中毒菌などについて分かりやすくまとめられています。食中毒を防ぐ調理の注意点や、食中毒になりやすい食材などの情報を確認することができ、食材をより安全に調理・取り扱うことができるようになっています。

「けし」栽培のルール

石川県保健所の食品保健課では、アヘンの原料となる「けし」の栽培に関しての注意喚起を行なっています。「けし」の栽培は「あへん法」によって、現在は禁止されている種類が多く、観賞用として庭先に植えてあっても罰則の対象となります。「けし」は花がとても美しい品種なので、誤ってガーデニングに使用してしまうことがあるため注意が必要でしょう。

「けし」は江戸時代よりアヘン製造のために栽培されており、石川県はその産地となっていた時期がありました。時代が変わり、ほとんどの「けし畑」は処分されましたが、わずかに残ってしまった「けしの花」があります。そこで誤って使用されないように、保健所ではホームページなどで「けしの花」の写真を掲載し、注意を促しています。