ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

埼玉県にある保健所の特徴



埼玉県にある保健所は、地域保健のための専門拠点として、食品衛生、環境衛生、医療関係、子育て・精神保健などに関するサービスを提供しています。

埼玉県にある保健所の取り組みについて

埼玉県にある保健所の取り組みについて

埼玉県では、地域の保健などに関する相談や検査の実施、各種サービスの提供を行なっています。ここでは、その中から一部を紹介します。

埼玉県の保健所一覧

埼玉県にある保健所は下記の通りです。(2013年時点)

県民の健康管理「健康づくり協力店」(草加保健所他)

埼玉県では、地域の飲食店と連携を取り、「健康づくり協力店」を展開しています。これは、外食メニューやお惣菜にも栄養成分を表示させるというもの。健康に良いヘルシーなメニューや栄養価の高いメニューの提供を依頼し、これらに協力してくれる飲食店を「埼玉県健康づくり協力店」に指定しています。協力店に指定されるには、まず飲食店で栄養成分表示責任者を決め、提供するメニューの栄養価を計算します。その後、栄養計算書・栄養表示見本を保健所に提示して、指定の条件をきちんとクリアしているかどうか、さらに衛生管理についても確認されます。これらの段階を経て、保健所が「健康づくり協力店」に指定すると、飲食店に対して指定通知と指定証を送付することになっています。

地域で計画を推進「秩父保健医療圏・圏域別取組」(秩父保健所)

秩父保健所では、埼玉県の定めた要綱に基づき、埼玉県保健医療計画を進めるため「秩父地域保健医療協議会」を設置しています。この協議会への参加者は、医師、歯科医、薬剤師それぞれの医療団体の代表者や市・町長ら約20名で、医療・保健に関する地域内の課題や解決策についての協議を行なっています。主な取り組み課題としては、次のようなものがあります。

  1. 救急医療、小児救急について
  2. 産科医療、小児・周産期医療について
  3. 生活習慣病対策、在宅医療の推進
  4. 精神疾患医療、自殺防止対策の推進
  5. 健康危機管理体制の整備

薬物乱用防止のための「やくよけコトバンNeT」(県全体)

埼玉県では、薬物乱用防止の啓発に努めています。特に、若者に対する注意喚起として、埼玉県のマスコットキャラクターである「コトバン」を使った「やくよけコトバンNeT」というネットワークを築いています。