ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

茨城県にある保健所の特徴



茨城県にある保健所では、医療衛生や保健、社会福祉など様々な行政サービスを展開しており、地域内の様々な問題解決に取り組んでいます。

茨城県にある保健所の取り組みについて

茨城県にある保健所の取り組みについて

県内各地域に設置された保健所では、あらゆる分野において様々な取り組みを実施しています。ここでは、その一部を紹介します。

茨城県の保健所一覧

茨城県にある保健所は下記の通りです。(2013年時点)

健康促進のための「ヘルスロード」(常陸大宮保健所他)

茨城県では、移動手段として公共交通機関よりも自家用車を利用するのが一般的です。そのため通勤や通学でもあまり「歩く」機会がなく、運動不足が懸念されています。そこで、茨城県では地域住民がウォーキングに取り組める「ヘルスロード」の整備を行なっています。ヘルスロードは県内各地に複数が存在し、距離はそれぞれ約1~8km、往復のものや周回型のものなど様々です。ヘルスロードは、子どもから高齢者、障害のある人まで安全に歩けるということをコンセプトとしており、地域住民の健康づくりの場を積極的に創出しています。

子育ての小さな支援「ひまわりの会」(土浦保健所他)

茨城県土浦保健所では、子育て支援の一環として「ママのためのおしゃべり会・ひまわりの会」を定期的に開催しています。子育て中のお母さんは、様々な悩みを独りで抱えていることが多い傾向にあります。「子どもが言うことをきかない」「夫が協力してくれない」など、そういった日々の小さな悩みや不満を、同じ立場の人たちと話せる場がこの「ひまわり会」です。子どもを連れての参加もでき、子どもは保育士が預かってくれます。集まった母親同士でのグループミーティングには、臨床心理士や保健師などの専門家が、専門的な視点からアドバイスをくれるので好評です。

歯の健康を保つための「8020・6424」(つくば保健所他)

茨城県では、80歳で20本、64歳で24本の健康な歯を維持することを目的とする「歯と口腔の健康づくり」の条例「歯と健康づくり8020・6424推進条例」を定めています。歯を大切にすることで豊かな食生活を長く送り、健康を保つことにつなげるとして、歯の健康について様々な情報発信や啓蒙活動を実施しています。「歯医者に行きたくても歩行が困難で行けない」という高齢者や障害者に対して、在宅歯科医療連携室を設置して相談を受け付けるなど、高齢者に優しい対策を講じています。