ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健センターのある場所



かつては市区町村ごとに保健所が存在していました。当時、保健所には、都道府県単位での感染症や食中毒などの管理を行なう行政的な業務と、地域の住民や医療機関などを通じて、住民生活に密接したサービス業務とがありました。これらの業務は、現在は保健所と保健センターが分担しています。そのため、保健センターは、以前各地に存在した保健所の施設を再利用するケースが多くあります。

保健センターと保健センター分室

保健センターと保健センター分室

各地区に存在した保健所は統括され、代わりに保健センターが設置されて地域の保健を担っています。また、各地区の保健センターは市区町村の区役所内に主な機能を移転し、区役所内に保健センター事務局があることが多いようです。しかし、地域に密着したサービスの提供の一環として、定期的な乳幼児健診や予防接種の実施などのために大きな施設も必要なため、旧保健所の建物を利用した保健センター分室というものが存在する場合があります。乳幼児健診や予防接種など、多数の住民を一堂に集める会場として利用されています。

保健センターのこれから

地域に密着した保健サービスを担う保健センターの設置場所や、設置される数については、市区町村で様々な検討が重ねられています。市区町村の人口を基準に設置数を決めるという考えがある一方、母子健康センター、高齢者健康センターなどの必要な用途に合わせて、保健センターの種類を増やしていくか否かなど検討すべき点は多く、各行政では、より良い保健指導を行なえるように試行錯誤しているのが現状です。

保健センターの重要な保健事業

保健センターの最大の目的は、母子保健業務と、高齢者医療の実施です。さらに、中高年者の生活習慣病の予防や健康づくりを目的とした、栄養指導などの教育的な事業もあります。現在の高齢化社会において、老人保健法の保健事業は重要な業務になりつつあり、高齢者への健康手帳の交付や、健康教育、訪問健康相談、訪問健康診査はもちろん、医療機関への入院時における食事療養費の支給、特定療養費の支給などは大切な業務となっています。訪問看護が必要な家庭への療養費の支給、移送費の支給、高額医療費の支給などもすべて保健センターで行ないます。今後も増える高齢者や独居老人などのケアはもちろん、介護保険に関する業務として介護度の認定作業などもあり、今後の高齢化社会において、保健所と保健センターの担う役割は大きなものとなっていくでしょう。