ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健センターとは



私たちの健康や衛生を支えてくれる公的機関には「保健所」と「市町村保健センター(以下、保健センター)」があります。どちらも「地域保健法」という法律に基づいて設置され、地域住民の保健や衛生を支える、ということを目的としていますが、両者の運営自治体は異なり、役割も異なります。ここでは両者の違いを取り上げながら保健センターについて説明していきます。

運営主体と役割分担

運営主体と役割分担

保健センターは市町村が設置・運営しています。一方、保健所は都道府県、政令指定都市、中核市及び東京の特別区の設置・運営となります。保健センターは地域住民に対して直接的な保健サービスを提供することを目的としているのに対し、保健所の場合は、業務の内容が広域的かつ専門的で、より行政機関としての性格が強くなっています。また、地域保健法によれば、指定された地方自治体は必ず保健所を設置しなくてはなりませんが、保健センターは設置することが義務ではないため、市町村に保健センターがない場合もあります。名称についても「保健福祉センター」、「健康センター」などと称する場合があります。

提供する保健サービス

保健所の場合、健康診断など地域住民の健康づくりのための直接的な業務も行なっていますが、それ以外にも河川の水質調査、公害対策、理容所やクリーニング所の監視指導、医療機関の開設許可など行政機関としての業務も行なっています。保健所の業務はそちらのウエイトが高くなっているのに対し、保健センターは地域住民の健康づくりの場として、直接的、対人的な業務に特化しています。保健センターの提供する保健サービスの一部を下記に列挙します。

母子保健

母子健康手帳の交付から新生児健診、離乳食教室など育児を支援する業務

成人・老人保健

定期健診や成人病健診、健康教室、訪問相談などを開催する業務

予防接種

幼児から老人まで、各種伝染病の予防に関する業務

緊急医療

休日や深夜などの救急患者に対する医療機関の紹介などの業務

健康教育

生活習慣病の予防講座や健康づくりに関する冊子の作成、配布などの業務

運営主体と役割分担

地域住民にとっての保健センターの魅力は、なんと言っても「身近なこと」です。保健センターは地域住民との直接的なコンタクトを通じた健康づくりを支援することが業務目的になっているため、とても相談しやすく、頼りになる存在と言えるでしょう。保健センターで受けられるサービスは原則として無料か、有料の場合でもほとんどの場合非常に低額であり、金銭面でも気軽に健康に関する相談をすることができます。保健センターの存在についてよく知らなかった方も、この機会に保健センターを活用してみてはいかがでしょうか。