ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所に提出する給食施設諸届出



小学校や中学校などの学校施設、または、病院、福祉事業所などの施設では、決まった時間に給食を提供するところがあります。このように継続的に給食を提供する施設は、開設前に届出が必要となります。ここでは、給食施設諸届出について紹介します。

給食施設に関する定義と規則

給食施設に関する定義と規則

給食を提供する施設に関しては、「特定かつ多数の者に対して、継続的に食事を供給する施設のうち栄養管理が必要なものとして、厚生労働省で定めるもの」と、「健康増進法」で定義されています。また、「健康増進法施行規則」にも「厚生労働省令で定める施設は、継続的に1回100食以上、または、1日250食以上の食事を供給する施設」として定義されています。この条件に当てはまる場合は、特定給食施設とみなされるので事前に保健所へ届出が必要となります。

特定給食施設の義務と役割

特定給食施設は、多くの人に食べ物を提供する義務と役割を持っています。特定多数の人たちに食事の提供を継続的に行なうのですから、栄養面や食生活の傾向にも大きな影響を与えかねません。給食施設の事業者はこのような大切な役割を果たすことから、特定給食施設の諸届出書の提出が義務付けられています。

特定給食施設と給食施設の違い

給食施設には、「特定給食施設」と「給食施設」があります。この違いは、提供する食事の量や回数などによって決められています。具体的には、「特定給食施設」は1回100食以上または1日250食以上の食事を提供している施設のことを言い、「給食施設」は、1回50食以上100食未満または1日100食以上250食未満の食事を提供している施設のことを「給食施設」と呼びます。つまり、学校の給食を出しているところのほとんどは「特定給食施設」であり、小規模の福祉施設などに給食を提供しているのが「給食施設」となります。

給食施設の届け出の種類について

給食施設の届出は、開始・変更・休止に分けて書類が異なります。「給食開始届」は、給食を開始したとき(または再開したとき)に必要となる届出です。「給食変更届」は、届け出た内容に変更が生じたときに提出が必要となる書類です。「給食休止(廃止)届」は、給食を休止したとき、(または廃止をしたとき)に提出が必要となります。また、それぞれの書類は、1ヵ月以内に各保健所に届出が必要となります。