ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所に届出が必要な食品を
取り扱うイベント



お祭りや学園祭などのイベントには、飲食を提供するお店も多く出店します。ただし、飲食を提供する場合は、事前に保健所に届出が必要です。ここでは、食品を取り扱うイベントを開催する際に必要となる届出や参考情報などを紹介します。

イベントで食品を扱う場合にやるべきこと

イベントで食品を扱う場合にやるべきこと

お祭りや縁日などでにぎわう出店ですが、万一、食中毒などの事故が起こってしまったら大変です。そこで、イベントの主催者は事前に行事開催と臨時出店の届出を保健所に提出することになっています。また、飲食店だけでなく、お菓子の製造や食料品の販売を行なう場合にも、事前の届出が必要になります。提供可能な食品や取扱いの制限などもありますので、事前に出店地を管轄する保健所に確認しておきましょう。

臨時出店者の条件について

通常、飲食物を不特定多数の人に提供する場合は「営業許可」が必要となります。ただし、イベントなどの行事の場合は、臨時出店者の条件に当てはまる場合に届出が必要となります。臨時出店者の条件としては、住民祭や産業祭、花火大会や盆踊りなどの公共目的の行事に出店することがひとつの条件となります。また、出店日数についても条件があり、1年間に5日間以内であることも条件と定められています。

学園祭やバザーなどで提出すべき模擬店開催届

小学校のPTAバザーなど、校内行事においても飲食物を扱うことは多いものです。こうした行事では、特定多数の人に営業目的で出店する訳ではないので「営業許可」は不要ですが、「模擬店開催届」という書類を保健所に提出しなければいけません。ただし、模擬店であっても不特定多数の人が対象で、継続して販売を行なう場合には、届出だけでなく「営業許可」が必要となる場合がありますので、事前に保健所で確認しておくことが必要です。

イベントで食品を扱う場合のその他の注意点

最後に、イベントで食品を扱う場合の注意点を紹介します。イベント会場にて、食べ物の販売ではなく、試飲や試食を提供する場合もあります。この場合、営業許可は必要としませんが、事前の届出が必要となります。また、イベントで出店できる臨時出店者は、行事の主催者から認められた店だけなので、こちらも注意が必要です。また、万が一、食中毒などの事故が起こった場合の責任はイベント主催者ではなく、基本的に販売者にあるということも念頭に入れておきましょう。