ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所での病院や薬局を開設する際の
許可取得方法



病院や薬局を新規に開設するには、それぞれの所在地を管轄している保健所に申請をし、許可を取得する必要があります。これは医療法や薬事法によって定められています。その際、保健所に申請する用紙には決まりがあり、各都道府県によって異なります。さらに、病院や薬局によっては開設許可申請書に添付する書類も異なってきます。ここでは、それぞれの開設の許可を取得する方法を紹介しましょう。

病院を新規で開設する際の許可取得方法

病院を新規で開設する際の許可取得方法

新規で病院を開設するには、事前に保健所の窓口に相談します。これは、手続きの仕方や開設許可申請書の他に、添付する必要な書類などがあるかを確認するためです。同時に、受付期間や時間なども確認しておきます。そうすることによって、あとの手続きをスムーズに行なうことができます。

開設許可申請書の入手方法

開設許可の申請書は、病院を開設する所在地によって決まった形式があります。これは、開設する各都道府県のホームページや、管轄する保健所のホームページなどからダウンロードすることもできます。内容は、開設者の住所や氏名、他に病院の名称や診療科目などになります。

開設許可申請書の他に添付する書類

病院を開設する所在地や、設備、ベッド数などによっても添付する書類が違ってきます。このような書類も、事前に保健所にて確認をしておきます。代表的な添付書類としては、次のような書類があります。

  • 診察に従事する医師の免許証の写し
  • 診療用エックス線装置備付届
  • 麻酔施用者免許申請
  • 敷地の平面図
  • 建物の平面図

薬局を新規で開設する際の許可取得方法

薬局を新規で開設するには、所在地の都道府県知事の許可が必要になります。また、許可を取得しても有効期間が6年間と決められており、更新する場合は、そのたびに更新申請が必要となります。薬局の開設許可を申請する際には、事業計画書やレイアウト図面などを持参し、事前に所在地の保健所の窓口にて必ず相談をする必要があります。さらに、薬局開設許可申請書だけではなく、同時に添付する書類があるかどうかの確認もしておきます。

開設許可申請書の入手方法

薬局を開設するための開設許可申請書は、各都道府県によって形式が決まっています。この書類は、開設する所在地の各都道府県のホームページや、保健所のホームページからダウンロードすることができます。この申請書に記入する内容としては、薬局の名称や開設する場所、薬局の管理者や薬剤師の氏名などです。

薬局開設許可申請書の他に添付する書類

薬局を開設する所在地によって添付する書類が異なっているため、事前に保健所の窓口で確認をする必要があります。また、保険薬局の指定については保健所ではなく、別の相談窓口になることが多いです。その際には、指定された窓口で事前に相談や指導を受けます。添付する代表的な書類は、次のようになります。

  • 薬局の平面図(ビルやマンションに開設する場合は、フロアー全体図)
  • 構造設備概要仕様図
  • 申請者の診断書(診断日から3ヵ月以内のもの)
  • 管理薬剤師及び勤務薬剤師の免許証の写し(原本を持参)