ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所の人口調査



保健所は、市役所などの各行政機関と連携して、地域住民の人口調査(人口動態調査)を行なっています。このページでは、行政による人口統計の概要と、保健所が行なう人口動態調査の流れについてご説明します。

行政による人口統計の種類について

行政による人口統計の種類について

まず、行政による人口統計の種類について見てみましょう。国の人口統計は主に、人口静態調査と人口動態調査の2つによって算出されています。

人口静態調査

総務省及び国勢調査員による「国勢調査」が該当します。ある特定時点における全国人口の全数を調べます。国民の男女比、国籍、就業状態、職業、世帯員数、移動人口などの統計を取ることができ、5年に一度の周期で実施されます。集計結果は総務省のホームページ等で公表されます。

人口動態調査

厚生労働省及び保健所による「人口動態調査」が該当します。地域住民から提出される届出(出生届、死亡届、婚姻届、離婚届、死産届)もとに、現在あるいは将来的な人口変動・人口推移を調べます。出生率、死亡率、死産数、婚姻件数、離婚件数、自然増減数(出生と死亡を要因とする人口増減)の統計を取ることができ、月に一度の周期で実施されます。集計結果は厚生労働省のホームページ等で公表されます。これらの調査によって算出される人口統計では、各都道府県の総人口の他、地域の人口特色なども読み取ることができます。地域特性に沿った細やかな行政施策が求められている現代の日本において、地域の実態把握に役立つ人口統計データは必要不可欠な資料と言えます。

人口動態調査の流れ

では、厚生労働省及び保健所が担当している「人口動態調査」の流れについて見てみましょう。

各届出の受理

人口動態の調査は、市区町村長に提出された地域住民の届出(出生届、死亡届、婚姻届、離婚届、死産届)もとに行なわれます。各届出を受けた市区町村長は、書類をもとに人口動態調査票を作成し、保健所に送付します。

保健所による調査票処理

保健所は、管轄区域内の市区町村長から送付された人口動態調査票をまとめ、月ごとに都道府県知事に送付します。

都道府県知事による調査票の審査

各都道府県知事は、保健所長から送付された人口動態調査票に目を通し、誤りがないかどうかを審査します。問題がなければ、厚生労働大臣に送付します。

集計作業

厚生労働省・大臣官房統計情報部にて、人口動態調査票の集計を行ないます。集計結果は厚生労働省や、各自治体のホームページ等で公表されます。