ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所の水質調査



保健所は地域の水質調査を通じて、私たちの生活に欠かせない「きれいな水」の保全につとめています。このページでは、保健所が取り組んでいる水質調査及び水質保全についてご説明します。

私たちの生活をささえる水について

私たちの生活をささえる水について

人間の健康を支えている大切な水。水分補給としての用途はもちろんのこと、身なりを清潔に保つための入浴や洗濯などにも活用されています。このように、人々の生活に多大な恩恵を与えてくれる水ですが、無論、水であればなんでも良いという訳ではありません。例えば有害細菌を含む水や、工場排水等の汚濁水は、逆に人体に害を及ぼしてしまいます。そのため、環境衛生の保全につとめる保健所は、水道事業者等と連携して、河川水、水道水、飲用井戸水、プールなどの水質検査を行ない、地域住民をとりまく水に問題がないかどうかを随時チェックしています。

保健所の行なう水質調査

では、保健所が取り組んでいる水質調査を、対象例ごとに見てみましょう。

飲用井戸水の調査

現代日本の水道普及率はほぼ100パーセントであり、井戸水を使用せざるをえないような生活環境は極めてまれです。しかし、水道が普及していても「井戸水の方がおいしい」等の理由により、あえて井戸水を飲用する住民もいるため、保健所は飲用井戸水の水質検査を行なっています。井戸水のもととなる地下水は土壌汚染の影響を受けやすく、知らないうちに有毒物質や寄生虫の温床となっている場合があります。保健所及び水道局等の水道事業者は、井戸水の定期検査の実施により、食中毒被害の予防や公害の早期発見につとめています。

河川水の調査

河川は水遊びをしたり、魚を釣ったりすることができる地域住民の憩いの場です。しかし、同時に、生活排水・工場排水などが流入する場所でもあります。河川の自浄能力を上回る汚染水は、川そのものを汚濁させるだけでなく、生態系の破壊や、周辺住民への公害に発展する恐れがあります。保健所は定期的に河川の水質検査を行ない、地域をとりまく水の安全を管理しています。

貯水槽の水質検査

ビルやマンションといった建物には、多量の水をスムーズに給水できるように貯水槽が設けられています。しかし、貯水槽の衛生状態が悪いと飲用水も汚染されてしまうため、保健所は管理者に対して定期検査を義務付けるだけでなく新たな貯水層の設置・改造・廃止の把握や清掃指導などを行ない、給水体制の保全に尽力しています。

家庭水道水の検査

一般家庭の水質検査を有料で行なっています。自治体によっては、保健所ではなく水道局や関連検査機関が担当する場合もあります。