ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

栄養指導とは



栄養指導とは、「栄養食事指導」とも呼ばれ、病院の入院患者や保健所、要在宅看護者のいる家庭などに対して、治療や予防などのための食事について個々の状況に合ったアドバイスを行なうことです。管理栄養士が一般的な食材から、健康食品などについての効果や、栄養状態の改善のための、栄養や食生活に関する教育を行ないます。

栄養指導を必要とするケース

栄養指導を必要とするケース

栄養指導は、特に治療の一環として行なわれています。栄養は、病気の進行の防止や回復・予後などの過程で、治療の面でも大きな役割を担います。病院では生活習慣病や消化器疾患、腎疾患、小児の先天性代謝異常などで入院している患者に対して、食事療法の効果が認められています。また、栄養指導には入院患者に対し行なうものから、外来患者を対象に行なうものもあります。

入院患者に対して行なう栄養指導

入院患者に対する栄養指導は、入院時の食事療法に基づいた食事を手本とし、自身の栄養管理が行なえるように、知識や家庭でもできる調理法などを指導します。患者が退院後、通院または在宅での自己管理ができるように指導していきます。

個別に栄養指導を行なう場合

指導の前に、あらかじめ患者の食生活や好みを把握し、使用する教材などを準備します。それらを踏まえて、栄養指導計画を立てます。直接、調理ができない人は、家族と一緒に話を聞くことも可能です。患者の病気への意識、理解度、食事改善への意欲などを見ながら、無理なく実行できる具体的方法を示し、自宅での食事療法ができるように指導します。特に、現在は高齢化が進み、在宅看護をしている家庭への訪問栄養指導のニーズが高まっています。

集団栄養食事指導

生活習慣病でもある糖尿病や肥満などは、食事療法で予防、改善が可能なので保健所や病院などでは、病気別の集団栄養食事指導を目的とした教室を開催しています。その例として糖尿病教室、高血圧教室、脂質異常症教室、腎臓病教室などがあります。入院患者以外の外来患者や高齢者など生活習慣の改善の方法、効果的な栄養分の摂取方法などを講習してくれます。また、このような教室と関連して、料理教室などを開き、さらに具体的な指導を行なうケースもあります。その他にも、母親を対象に食育をテーマにした栄養指導を行なう教室などもあります。現在は、乳幼児からアレルギー体質を持つ子どもが急増しており、子どものアレルギー対策としての栄養指導にも注目が集まっています。