ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

乳幼児健康診査とは



「乳幼児健康診査」は、一般的には「乳幼児健診」と呼ばれています。新生児に対して、国が定める母子保健法によって義務付けられている定期健康診断のことで、住民票のある市区町村の保健センターなどで実施されています。このような定期健診は、乳児の健全な成長を確認し、乳幼児独特の病気の早期発見などを目的としています。

乳幼児健診の時期と特長

乳幼児健診の時期と特長

乳幼児健診とは、出生後から幼稚園就園前の3歳までに行なわれる定期健診です。乳幼児健診の初回は、生後1ヵ月で行なわれる「1ヵ月健診」です。その後、3ヵ月から4ヵ月健診、6ヵ月から7ヵ月健診、9ヵ月から10ヵ月健診、1歳半健診、3歳児健診と続きます。年齢ごとに、寝返りなどの成長過程も確認することで、母親にとっても子どもの成長を再確認できる機会になります。

乳幼児健診の実施時期

乳幼児健診の実施時期についてご説明します。

1ヵ月健診

先天異常、先天性股関節脱臼の有無について検査を行ないます。また、赤ちゃんの体重の増加、母乳指導や粉ミルクの利用法を含めた赤ちゃんに関する不安の相談及び検尿などを行ない、ビタミンKの投与を行ないます。この健診は、誕生した産婦人科で行ないます。

3~4ヵ月健診

この頃から赤ちゃんは首がすわりはじめます。この他、あやすと笑う、声をかけて振り向くなど3、4ヵ月の発育の特徴についての問診、健康診断などを行ないます。保健師に離乳食の始め方などについても相談することができます。

6~7ヵ月健診

寝返りやお座りができるかなどの発達検査、離乳食の回数についての問診、体重・身長の計測と健康診断を行ないます。引き起こし反応や、顔に布をかけて様子を観察するなど、赤ちゃんの反応を保健師が確認します。この時期には、運動機能や知能の発達の遅れが見付かるケースが多いため、健診の際には注意が必要です。またこの頃は、赤ちゃんが誕生直後に持っていた、病気に対する免疫がなくなる時期でもあります。この健診は、保健所ではなく、各小児科で受けることができます。

9~10ヵ月健診、1歳半健診、3歳児健診

はいはいや、つかまり立ち、小さな物を指でつかめるかなどの運動の様子、音のする方向への反応などの他、予防接種の進み具合などを確認します。この時期までに接種が必要な予防接種も多く、健診の際に小児科で予防接種を行なうケースも多くあります。その後の1歳半健診と3歳児健診では、成長過程の他に、乳歯などが生えはじめる時期であるため、歯科健診や、歯磨き指導などもあり、保健指導が行なわれます。また、乳歯へのフッ素塗布なども行ないます。健診に関しては、より専門的に先天的な病気がないか気を配ります。