ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

過去の感染症 鳥インフルエンザ



鳥インフルエンザは、感染症法では指定感染症に分類されるH7N9、2類のH5N1と、3類感染症に属するものがあります。鳥インフルエンザは、人のA型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる鳥類の感染症です。主に、アヒルやカモなどの野生の水禽類が宿主です。宿主の腸管でウイルスが増殖し、鳥間では水中の糞を媒介に感染しますが、水禽類間では感染しても発症しません。では、どのように人へと感染するのでしょうか。

鳥インフルエンザの変異

鳥インフルエンザの変異

アヒルやカモなどの水禽類に発症しない鳥インフルエンザウイルスも、家禽類のニワトリ、ウズラ、七面鳥等には発症します。中でも、非常に高い病原性を持つのが「高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)」です。実際に1997年、香港のH5N1型による死者発生の際には香港全域の鶏が大量殺処分され、2003年の東アジア養鶏業での鳥インフルエンザの流行では、世界で1億羽のニワトリが淘汰されました。高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)のうち、H5N1型ウイルスは、インドネシアやベトナム、タイやエジプトなどアジアの養鶏場を中心に流行し、人への感染と発病が報告され、現在、世界的に養鶏産業の脅威となっています。

さらに、中国や台湾で大流行し、死者も出した鳥インフルエンザは、A型(H7N9)として指定感染症に指定されています。今のところ、人から人への感染は確認されていませんが、ウイルスが人に対する適応性を持ち、ヒトインフルエンザウイルスと混じり合い、人間の間で感染する能力を持つウイルスが生まれ、パンデミックを起こす可能性があると言われています。

鳥インフルエンザの症状と感染経路

症状としては、2日から9日の潜伏期間のあとに、発熱や咳、筋肉痛を発症させるなど、人型インフルエンザに似た症状が見られます。症状が重くなると、肺炎や多臓器不全を起こし死に至るケースもあり、特にH5N1亜型ウイルスに感染すると、重症化するケースが多く報告されています。感染経路としては、ウイルスに感染した鳥と接触したり、粉状の糞を吸い込んだりすることで人体に大量のウイルスが入り、ごくまれに発症すると言われています。食事として鶏卵、鶏肉を食べることで感染するという報告はなく、通常の生活で病気の鳥と接触したり、糞を吸い込むようなことをしたりすることはあまりないことから、感染する可能性はきわめて低いと考えられます。