ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所の駆除の対象



保健所では害虫や動物などの駆除や、駆除の相談、指導を行なっています。害虫の種類が判らない場合には、虫を捕獲して保健所や市役所などの該当部署に持参すると、駆除方法について適切なアドバイスを受けることができます。

保健所が行なっている害虫駆除などについて

保健所が行なっている害虫駆除などについて

保健所は衛生管理の一環として衛生動物の駆除や駆除の指導を積極的に行なっています。一般的には有害動物とされるこれらの虫や動物の駆除方法だけではなく、予防や対処法などのアナウンスを行なっているので、有害動物に悩んだら保健所に相談をしてみましょう。

害虫の駆除相談を受けるのも、保健所の大切な役割です。習性や生態の特徴を考慮し適切な駆除法についてアドバイスを受けることができる他、害虫の種類や生息場所によっては自治体で駆除を行なってくれることもあります。

ハチ
生活に支障がない場合にはそのままにしておくことが推奨されていますが、人への刺傷被害が出ることもあり、自治体によってはスズメバチやミツバチの巣の駆除を行ない、駆除費用の一部を助成していることもあります。駆除は専門業者に委託されるケースがほとんどです。
セアカゴケグモ
強い毒性のあるクモとして知られ、主に関西を中心に生息しています。素手で触るのは非常に危険です。万が一噛まれてしまった場合は、流水や石鹸水で毒を洗い流し、早急に病院で診てもらう必要があります。
アタマジラミ
集団生活でうつってしまうことで知られるアタマジラミは、専用のシャンプーや粉のスミスリン剤で駆除を行なうことができます。
蚊は1週間以上雨水などが溜まった所から発生します。小さな水たまりでも発生するので、家の周りに水たまりができないよう注意しましょう。発生源が不明な場合は、殺虫剤を使うと効果的です。

動物

動物も、駆除が思うようにいかない場合には保健所に相談をするとアドバイスを受けることができます。

野良犬
野犬や捨て犬は保護や捕獲の対象になります。
カラス
ゴミをあさるカラスは駆除だけではなく、近寄らせない工夫などの相談も行なっています。卵やヒナがいるカラスの巣を撤去する場合には「鳥獣保護法」により捕獲許可が必要になりますので、巣を撤去したい場合には、事前に相談をしましょう。また、電線にカラスが止まらないように処置をすることも可能です。電線の処置は、保健所などではなく電力会社に問合せて下さい。
ネズミ
専門的なパンフレットを作成している自治体もある程、相談件数が多いネズミの駆除。各自治体によって駆除の仕方も様々なので、まずは問合せることから始めてみましょう。