ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所で登録を行なうために



犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務です。愛犬を守るために、登録と予防接種を必ず行なうとともに、飼い主の義務についてきちんと理解しておく必要があります。

犬を飼うときは必ず登録をしましょう

犬を飼うときは必ず登録をしましょう

犬の飼い主には登録と狂犬病の予防接種の義務があります。ルールを守らない違反者には罰則がありますので注意しましょう。

登録

飼い犬を登録することで、犬の所有者をはっきりとさせることができます。どこで犬が飼育されているのかを把握することができるので、狂犬病が発生した際には、地域で迅速に対応を行なうことが可能です。

登録には
生後91日以上の犬は登録が必要です。登録は1度行なえば大丈夫ですが、引越しをした際には再度手続きをする必要があります。犬を飼い始めてから30日以内に、市区町村か保健所などで犬の登録を済ませて鑑札をもらいます。一部の自治体では狂犬病予防の集合予防接種会場でも登録を行なうことが可能です。
手数料
登録には自治体によって差がありますが、3,000円程度の登録手数料がかかります。
登録の変更
譲渡などで犬の所有者が変更になる場合や、所有者が死亡した際にも、届出が必要です。

海外に犬を連れていきたい場合

海外に犬を連れていく場合には「輸出検疫」を受けなければなりません(猫の場合も同様です)。輸出検疫は、マイクロチップの埋め込みによる個体識別、複数回の狂犬病予防注射(行き先の地域によって回数が異なります)、採血及び狂犬病に対する抗体などの確認が必要となります。また、日本に帰国するときには「輸入検疫」を受けなければなりません。

人に怪我をさせたら

もし飼い犬が人を噛んでしまったら、「事故届」が必要になります。自治体の保健所へ届け出ましょう。

行方不明になったら

飼い犬が行方不明になったら、保健所に問合せを行ないましょう。保護や捕獲された犬は公示を行ない、一定期間が経つと処分されてしまいます。保健所に問合せを行なうことで、保護されていた場合に返還を受けることができます。また、放し飼いによって犬が迷い犬になり保護されるケースも数多くあります。犬が行方不明になったときのことを考えて、鑑札や名札を首輪にきちんと装着しておきましょう。

犬を飼う人へ

最後まで責任を持って飼うことは、飼い主になるための最低必要条件です。大切な命ですから、愛情を持って飼いましょう。習性や生態についてよく学び、理解することも大切です。また、健康と安全を保つことのできる生活環境を整え、去勢手術や避妊手術なども必要に応じて行ないましょう。正しい繁殖を心がけることは、処分件数を減らすことにもつながります。