ご希望の保健所・保健センター情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
保健所・保健センター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保健所情報

保健所の職員の持つ資格



地域住民の健康を守るための様々な施策や啓蒙、また、衛生的な環境を整備・管理・保守してくれる存在が保健所です。こうした対人保健活動や生活衛生を守っていく上で、保健所で働く人々はどの様な専門的な資格を持っているのでしょうか。今回は保健所の職員の持つ資格についてご紹介致します。

保健所は様々な資格を有する職員で構成

保健所は様々な資格を有する職員で構成

保健所には住民の健康を守っていくという責務があるため、医療従事者の資格を持つ職員で構成されています。それぞれのカテゴリに分けて紹介していきます。

医師

医師は、治療や保健指導を行なう医療従事者のひとつです。医学を用いて様々な病気の診察、診療から、予防医学の観点を持った公衆衛生の普及を責務としています。

歯科医師

歯科医師は、歯学に基づいて医療行為に従事している医療従事者です。その管轄は歯科、つまりは歯に基づく内容が多くあります。歯の健康は体全体の健康面にとっても大切です。生命活動を維持するために、食べ物を食べるときに使うのはもちろんのこと、歯を食いしばるという言葉の通り、何か力を入れた作業を行ないたいときなどには歯はとても重要な役割を果たします。

薬剤師

薬剤師は患者に対し必要な薬剤を調整し、提供する医療従事者です。市民の健康を司る大切な役割を担っているため、資格取得はとても厳しい試験に合格しなければなりません。また、治療行為を医師だけに任せないための大切な分業者でもあります。

獣医師

獣医師は人間以外の動物の診療や治療行為に携わる医療従事者です。様々な動物から派生するウイルスなどの早期発見を目指したり、適切な動物の保健衛生を指導したりと大切な役割を担っています。

保健師

保健師は地域における健康教育や保健指導を通して、疾病予防の正しい知識を国民に普及させていくスペシャリストです。

助産師

助産師とは妊娠や出産にかかわり、助産行為を行なう医療従事者です。日本では看護師や保健師と異なり、女性だけが取得することが可能な資格です。

診療放射線技師

診療放射線技師は病院や診察所において、レントゲン撮影など放射線を用いた検査・治療を業務とする医療従事者です。

臨床検査技師

臨床検査技師とは医療機関において様々な臨床検査を行なう技術者です。臨床検査を通し、医師の判断材料となるデータを提供する役割を担っています。

衛生検査技師

衛生検査技師は臨床検査技師と似ている点が多くあります。大きな違いとしては、衛生検査技師は臨床検査技師と異なり、環境を対象とする場合が多いため、採血ができない点が特徴的と言えます。

管理栄養士

管理栄養士は疾病者に対する療養に必要な栄養の指導を行なったり、健康保持、または健康増進を栄養の面から指導を行なったりする栄養のスペシャリストです。医療従事者に属していて、唯一法令での守秘義務が定められていないことが特徴です。

歯科衛生士

歯科衛生士は歯科医師の指示のもと、あらゆる治療行為を補佐する歯のスペシャリストです。単独では診断や治療、レントゲンの撮影は行なえないという制約が課せられています。

統計技術者

統計技術者は日本ではあまり多く見られない資格です。主にバイオ(臨床)統計技術者がおり、ヒトゲノム解読等、根本医療に属する医療従事者です。